「集客のためにやることが多い!時間を取られ過ぎてしまって、正直もう疲れた。」
「レッスンや指導の内容をもっと磨きたいけど、そんな余裕がない。」
「自分が教えたいタイプの生徒さんがなかなか来ない。」

いま、こんなお悩みを持っている方はいらっしゃいますか?本記事はそんな方のために書きました。

僕は「ファン化&自動集客のコンサルタント」として、『想い』をもった人に「もっと楽しく、幸せに仕事してほしい」という気持ちで「ゆるく売れる集客塾」という塾を主宰しています。

 

「自分のいままでの経験や勉強を活かして、誰かの役に立ちたい!貢献したい!そんな気持ちでお教室をはじめたのに…」

「集客にばかり時間やお金を取られてしまう…」「いただく授業料だけでは生活が安定せず、ほかに仕事をしていて集中できない…」
そんなお悩みを持つ生徒さんが、うちの塾にもよくいらっしゃいます。

そこで、そんなお悩みを持つ指導者・運営者の方に、失敗しない教室の集客方法について解説記事を書いてみました。

【本記事のポイント】

  • 教室集客で失敗しないためのコツがわかる
  • 教室集客でうまくいかない人の4つの特徴がわかる
  • 教室経営している人の正しいブログ活用法がわかる

この記事を読んで、あなたのお教室が少しでも活気づいてくれたら嬉しいです。

この記事を書いた人

染谷 充紀

26歳で事業統括本部長になり、売り上げ10億円、9店舗100人以上のスタッフを率い、16年間連続黒字経営。
小売・飲食・時間貸しの店舗運営経験を持つ。
NLPプロフェッショナルコーチ認定などの実践心理学で自主的な行動を促すことで成果を出している。
16年黒字経験・実践心理学で、 値上げできない『お金のブロック』を解除し、 単価アップの仕組み化をする。

集客の専門家が語る、教室の集客で失敗しないためのコツ

それではまず、集客について話す前に、とても大事なことをお伝えします。それは、教室集客で失敗しないためのコツについて、です。「失敗しないコツ」さえ、つかめば、成功の確率を上げられます。それでは、お話ししていきたいと思います。

コツ1 片っ端からやらない

一般的な起業セミナーや集客塾、サイトの記事などでも「とにかくたくさん行動しましょう!」と発信しているところもありますよね。僕もたしかにそれも一理あるとは思っています。

しかし僕は自分の塾では、「集客は自分に合っているものをやることが一番大切」だとお伝えしています。

自分に合っていて、かつ確率の高い方法を選べば、いろんなことをたくさんやらなくても集客することは可能だからです。

いくら頑張っていろんな施策をたくさんやったところで、成果が出なければ疲れちゃうだけで何にもならないですよね。それに無理してたくさんやって成果が出たとしても、それをずーっと長続きさせることはまずムリと言っていいでしょう。
それどころか集客に力を入れすぎて、本来の教室運営に支障が出てしまう…なんてこともありえます。

なんでもかんでも片っ端からやるのではなく、自分に合った方法で集客できるかどうかが、うまくいくコツです。

コツ2 差別化より独自化

次に、差別化よりも独自化を目指すこと、です。

差別化は、他とずらしていくから差別化と言うんですけど、そうすると自分からもズレていってしまう可能性があるんですよね。自分自身とズレていってしまうと、とてもやりにくくなるものです。
ですので、自分のキャラや得意分野、今までの経歴をどんどん前面に出して、自分らしい方向に進んでいくこと。つまり「独自化」。これを僕はオススメしています。

教室集客では「自分の強みを理解し、どんな雰囲気の教室で、生徒さんはどんなことができるようになるのか」をアピールすることがとても大切な施策の一つです。
いろんな集客の施策をやったとしても、教室の特徴や目的が曖昧なままではうまくいきません。

競合する相手を調査することはもちろん大切ですが、競合相手のことばかり考えるのではなく、まずは自分の強みやアピールポイントについてよく考え、自分がきちんと理解しておくこと。これが生徒さんをファン化する大切な土台の部分になります。

そうすることで、本当にあなたを必要としてくれる生徒さんや、逆にあなたが本当に教えたいと思う生徒さんに出会える可能性も高まります。

コツ3 売れる心

最後は「売れる心」を持つことです。

教室運営をされている方の中にも多くいらっしゃると感じますが、次のような方々です。「売る」ということに抵抗がある方。またレッスン料を適切な値段に設定できないという方。お心当たりがある方はいらっしゃいませんか?

「売れるためのマインド」がきちんとできていないと、たとえ売れる方法を知っていたとしてもなかなか成果につなげることができません。
そこでうちの塾では僕の作った「売れちゃうマインド®」を通して、起業に対するマインドを整えてもらい、適正な価格でレッスンを提供できるようになってもらっています。

 

「とにかく、たくさん、全部ちゃんとやってください。」そう教えるセミナーや集客塾は、結構あるのではないでしょうか。でもこれからの時代、「自分でガツガツ集客してはいけない」時代になると僕は考えています。どんなお教室でもそうですが、勧誘や集客の方法が強めだと、生徒さんは逆に引いてしまいかねません。

できれば「生徒さんからお願いされてご契約いただく」「売り込まなくても来てくださる」方法を身につけることが、教室運営の成功の鍵になるのではないでしょうか。

「自分に合った集客方法」
「売り込まなくても、生徒さんからお願いされてご契約いただく方法」
「さらに自分の強みを活かし、生徒さんをファン化することで長期的にお願いされる方法」

これらを手に入れるように、自分自身を見直していくと、教室運営はうまく進んでいくでしょう。

教室の集客でうまくいかない人の4つの特徴

教室集客でうまくいかない…とお悩みの方のお話を聞いていると、行動や考え方にいくつか共通する点がみられます。では教室集客でうまくいかない方にはどんな特徴があるのでしょうか?4つにまとめましたので、みていきましょう。

1. ガツガツ集客している

前章のコツのところでもあげましたが、なんでもかんでも片っ端からいろんな集客方法に手をつけてしまっている方です。

どれが効果的かわからないから、「とにかく数をこなす」「あれもこれもとりあえずやってみる」…気持ちはわからないでもないですが、それで本来のレッスンに影響がでてしまっては本末転倒です。
しかも最初はよくても、だんだん自分自身も集客することに疲れて、削られてそのうち身動きがとれなくなって…という方を、僕はたくさん見てきました。

でも、自分に合っている集客方法なら、あれこれたくさんやらなくても集客できるんです。
そもそも、自分に合っていない集客では長続きしません。たとえちょっとうまくいっていたとしても、10年、20年と考えると、必ずどこかで行き詰まってしまいます

いろんな集客の施策をやりすぎて「なんだか疲れてきたな…」という方は、まずは一度立ち止まって、今やっている方法が、本当に効果が出ているのかどうか見直してみましょう。

2. 売ることに罪悪感がある

こちらもコツのところであげましたが、「売る」ことに抵抗がある方があげられます。

「儲ける」とか「売る」という言葉がちょっと苦手…だったり、自分のレッスンにこんなにお金をもらってもいいのか…という気持ち。人への貢献心が高い、いわゆる「いいひと」であればあるほど、売ることに抵抗がある方が多いように感じます。

そういう方はご自分のレッスンの値段を適正金額まで上げられず、極端に安い授業料で運営している…なんてことも。

でも自分のマインドを上げることができれば、お金をもらうことへの罪悪感はなくなります。しかも生徒さんをファン化することができれば、こちらから売り込まなくても、生徒さんの方から来てくれるようになります。
さらにファン化していけば長期的なご契約や、新たな生徒さんのご紹介などにつながっていくことも夢じゃありません。

3. 差別化しないといけないと思っている

次に、差別化をしなければいけない!と思いすぎている方です。

前章でもお伝えした通り、差別化とは他とずらすことですが、そうすると自分自身ともずれてしまう可能性があります。他と差別化したいがために自分からもずれていってしまうと、うまく力をのせられませんし、気持ち悪くなってしまい、続かなくなります。

ではどうしたらいいのでしょうか?

こちらもコツでお話ししましたが、僕は「差別化ではなく独自化を目指しましょう」とお伝えしています。
自分がやりたいことを突き詰めて、さらに自分のキャラもどんどん盛り込んでいく。

実はそうやって自分の色を前面に出して独自化していくことで、自分が本当に関わりたい、教えたいタイプの生徒さんが集まってきてくれるんです。自分が本当に求めていた生徒さんが来てくれると、やる気も湧きますし、ストレスも少なく教室運営を進めていけるでしょう。

4. 最新の集客ノウハウを知らないといけないと思っている

最後に、最新の集客ノウハウを勉強しなければ!と思いすぎている方です。

集客ノウハウを勉強することは悪いことではありません。でも「最新の」集客ノウハウというものは、長期的な成果を出しているものではありません。つまり、その最新のツールについての勉強「だけ」をしたところで、その方法が長期的に集客できるものかはわかりませんよね。それより、長期的に成果が出るやり方を学んでいきましょうね、ということです。

僕の集客塾では、長期的に成果を出すことを目標にして、それぞれに合った集客方法を身につけてもらっています。僕自身も30年以上、いろんな業種業態で実績を出してきていますから、いろんな側面からアドバイスが可能です。

 

教室運営の集客でうまくいかない人の特徴をあげてみましたが、いかがでしょうか?
あなたにも思いあたるところはありましたか?

ぜひ今のあなた自身を見つめ直し、自分にはなにが必要なのか、考え直すきっかけにしてもらえたらと思います。

教室の集客で使える施策一覧

ここまでで、あなたに合った集客方法を見つければ、頑張りすぎなくても集客することはできるということをお伝えしました。では具体的に、教室の集客で使える施策にはどんな方法があるのでしょうか。
教室運営の集客で使える施策をまとめましたので、一緒に確認していきましょう。

オンライン集客(無料)

まずは無料で使えるオンライン集客です。

  • ブログ作成
  • SNSの利用
  • Googleマイビジネスの活用
  • 定期的なメール配信

基本的には無料で使えるオンライン集客をいくつかあげました。
SNSは、Instagramなど写真で教室の雰囲気やイベントをリアルタイムで発信できるようなツールもあります。SNSやブログなどは、教室に通うかどうか検討している方なら一回は見るツールでしょう。ここを活用できているとだいぶ印象が変わります

メール配信は単発のイベントや体験に来てくださった方に、定期的に教室のお知らせを送るなどして次に繋げるために活用するといいでしょう。

オンライン集客(有料)

次に有料のオンライン集客です。

  • SNS広告を活用
  • Web広告を活用
  • 集客ツールを活用
  • MEO対策をする
  • ポータルサイトを活用

有料のオンライン集客として、近隣の教室が表示される下記のようなポータルサイトがあります。

  • ケイコとマナブ
  • 趣味なび
  • EPARKスクール
  • 大人の家庭教師

などなど、さまざまなサイトがあります。

ただし、お金をかけたからといって思うような結果が得られるとは限りません。集客媒体として、否定するわけではありませんが、僕の塾生で使っている方はほぼいません。使っても利益があまり出ないので。ですので、有料の集客方法を検討するときは、費用対効果をよく考えるといいですね。

オフライン集客

最後に、インターネットを使わない集客の方法です。

  • チラシ
  • 地域情報冊子
  • 看板(パネルスタンド)
  • 駅やバス停の広告
  • DM(FAXDM)
  • 個別メッセージを送る(メール・お礼状)
  • 紹介依頼

オーソドックスな方法ですが、まずはチラシ。地区センターや公民館、地域のお店などで習い事のチラシを置くスペースを作っているところは多いですよね。幼稚園などで配布してもらえる場合もあり、いずれもチラシを置くだけならほとんど費用がかかりません。また多少費用はかかりますが、地域の情報誌に折り込みチラシをいれたり、記事を載せてもらうという方法も効果的です。

立地条件や教室の種類にもよりますが、看板やパネルスタンドを工夫するだけで一気に変わる可能性もあります。費用はかかりますが、駅やバス停、バスの中の広告を検討しても良いかもしれません。

また教室運営では、やっぱり今いる生徒さんからの紹介依頼が一番強いです。とくにこども向けの教室などでは、保護者や生徒さんの口コミが強いですよね。自然と紹介したくなるような教室になるよう、レッスンの質を上げていくのも、大切な集客活動のひとつになるでしょう。

 

集客の具体的な施策に関しては、さらに詳しくご紹介した記事がありますので、よかったらこちらからご覧になってみてくださいね!

【参考記事】集客の専門家が語る、失敗しないオンラインセミナーの集客方法とは?【セミナー自動集客専門家解説】

教室経営している人の正しいブログ活用方法

上記にあげた施策の中で、よく使われているのがブログではないでしょうか。あまり費用をかけずに始めることができ、企業から個人起業家さんまで、さまざまな業種業態の方が使われていますよね。教室運営している方も、ブログを使っているという方は多いのではないでしょうか。
ただ、どんなことを書いたらいいのかわからずなんとなく更新しているだけ、とりあえず持っているだけであまり運用されていない、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

では教室運営者の方がブログを活用するとき、どんなことを意識して作ったらいいのでしょうか?

お客さん側の気持ちに立つと、一般的に、通いたい教室を選ぶ場合はだいたい慎重になりますよね。
学びたいことが学べるか、欲しい成果が得られるか…そんな生徒さんの「ちょっと不安な気持ち」を緩めることができるのがブログのいいところの1つです。

あなた自身の個性はもちろん、自分がどのような想いで教室を開いているのかなどを未来の生徒さんに伝えられる場であると意識しましょう。
それを踏まえて、あなた自身の人柄が伝わるようなブログを書けるといいですね。

内容は日常的な内容から、運営している教室の特徴に合わせて、ちょっとしたお悩み解決やアドバイス的な内容まで、自分と教室を知ってもらえるようなテーマを選びましょう。
教室の雰囲気やレッスンの様子がわかるような写真を載せるのも効果的です。イベントの案内をしてみるのもいいかもしれません。

ブログで自分のことを好きになってくれた方は、このあと生徒さんになる可能性が高い「濃い見込み客」です。

自分の強みを活かした独自のコンセプトを作り、競合との差別化ではなく自分の得意分野を前面に押し出す。そうすると、自分が関わりたいと思う人が来てくれるようになります。自分と目的が合う生徒さんが来てくれたら、レッスンにも力が入りますよね。

ブログをうまく使って、ご自身のファンを増やしていきましょう。

【コラム】教室の集客で悩んでいるあなたへ

うちの塾に来る指導者・運営者の方で、集客に悩まれている方はとにかく「いい人」が多いです。僕がいつも塾の皆さんにお伝えしていることですが…
これまでの時代は「権力、権威、資本、お金、物、勝ち負け」という「ピラミッド型」、お金を中心とした社会だったのではないかと思います。

でもこれからの時代は、愛・貢献」をベースとした「循環型」の社会になっていきます。ですので、「売れたい!」という気持ちでガツガツやっていくという時代ではなくなっていくのです。

そもそも「自分の持っているもので世の中に貢献したい」と考えて起業された方は「売れたい!」というやり方に違和感をお持ちで、やりたくないなと思っている方が多いのではないかと思います。つまり、それはもともと「愛・貢献」をベースにお持ちの方であるという証拠。

うちの塾に来ている方たちも、ガツガツ系の集客が好きになれず、どうしようと思っているうちにフリーズして動けなくなってしまった…といった経験がある方がほとんどです。

このタイプの方の落とし穴としては、「受け取る」ことが苦手なので、生徒さんのためを思って活動していると、どんどんボランティアになっていってしまうこと。ほとんどタダ同然の安い金額でレッスンを提供していました…なんて話はよくあります。

せっかく素敵なレッスンを提供しているのに、ボランティアでレッスンをして、自分は生活するために別の仕事をしていたり、苦しい生活をしていたりするんです。これは非常にもったいないことだと思います。

これからは「人の役に立ちたい」ということだけでビジネスが成り立つ時代です。
「愛・貢献」タイプの方も、無理にガツガツ系に変わらなくてもそのままで活躍していくことができるんです。

自分らしく、自分の良さを活かして成果を出すことは夢じゃありません。

でも。
だからといって、ただ自分らしさ、独自性の追求だけをしていても、うまくいかないんですね。マーケティングには正解があるんです。
追求した独自性と、マーケティングテクニック。この両方を融合させて、あなただけの集客方法を手に入れてもらいたいです。

うちの会社名であるLER。

LOVE
ENJOY
RIPPLE

「愛と楽しさの波紋を広げる」という意味です。

自分らしく働くことができる方法を見つけて、もっと自分の価値を発揮し、楽しく仕事ができる人が増えますようにと願っています。

競争化が進む教室集客を自動化する方法

これまであげてきたように、またみなさんもご存知のとおり、集客にはさまざまな方法があります。この中で、どれが自分にとって効果が高い方法なのか、やっぱり量をやるべきなのか…なんてお悩みを抱える方も多いと思います。

集客に時間が取られ過ぎてしまって、本来のレッスンに集中できない…

これでは本末転倒ですし、競争が激しい教室運営の世界で、本来のレッスンの質を落とすことは、致命的なことになりかねません。
集客に時間が取られ過ぎてしまったり、自分の思ったような成果を得られないことには理由があります。

大きな要因は、自分に合ってない集客をしていたり、自動で集客できる仕組みを知らないことです。これさえ手に入れてしまえば、いろんな方法に手をださなくても、たった一つのルートで集客はできるんです。

まずはしっかり、自分に合った方法で集客できるようになること。そして集客が安定してできるようになったら、段階的に自動化していきます。もちろん、現時点で毎月売上を上げることができていて、「忙しすぎるので自動化したい!」という方は、すぐに自動化に向けて進んで行くことも可能です。

最終的に集客が自動化できれば、今までより生徒さんに集中してあげられるし、そうするとよりよいレッスンを提供できる。また空いた時間を自分のために使うこともできます。集客の自動化は、あなたが幸せになるため、充実した人生を送るためのツールだと僕は考えています。

  • 無理なく自動で集客したい
  • 周囲の人を助けたい
  • 社会貢献したい
  • 多くの人を助けたいけど、時間が足りない
  • 自分に共感してくれる人を集めたい

そんな方のために、「ノンストレス&ファン化自動集客」の無料動画セミナーを作りました。
こちらの講座では、あなたの「売る」ことに対する心のブロックを外し、さらに適正価格で長期的に売れるノウハウをお伝えしています。

ぜひ、自分の『想い』をお持ちの方は、こちらをご覧になってみてくださいね。

【期間限定】「ノンストレス&ファン化自動集客」の無料動画セミナー

「ノンストレス&ファン化自動集客」の成功事例

ここで僕が主宰する「ゆるく売れる集客塾」の生徒さんたちの事例をご紹介します。それぞれにいろんな悩みを抱えて僕のところに来てくれましたが、今は自分らしい集客方法を見つけ、生き生きとビジネスを楽しんでいます。ぜひ参考にしてみてください。

事例1:合唱&外国語教室 肥田野さん

もともとドイツで合唱を教えていた肥田野さんは、コロナ禍で直接指導ができなくなってしまったそうです。そこで合唱の他にドイツ語と日本語を教える講座をオンライン化したいと考えていましたが、やり方がわからず悩んでいました。

そんな肥田野さんですが、ゆるく売れる集客塾に入って勉強していった結果、ほとんど広告費をかけずに一ヶ月半で生徒さんが11名増えました。なんと体験会からの成約率が100%になったそうです。

なによりビジネスが楽しいと思えるようになり、自分のペースで自分の長所を活かした教室運営ができているそうです。

詳しいインタビュー記事がありますので、よろしければこちらもご覧ください!

【教室・講座系集客成功事例】一ヶ月半で生徒さん11人増!体験会からの成約率100%!

事例2:三線教室 大城さん

三線教室を運営していた大城さんは、いままで安い授業料で教えていた上、あまり集客がうまくいっていない状態でした。しかしゆるく売れる集客塾に入って、授業料を5倍以上にあげ、さらに生徒さんを増やすことに成功しました。

コンサルのなかで、「自分は何のためにその行動をやっているのか?」という目的を明確にしたこと、その目的を達成するためにはどの方法を使うかを自分で選択して進めていけたことが、成功のポイントになったそうです。

詳しいインタビュー記事がありますので、よろしければこちらもご覧ください!

【教室・講座系集客成功事例】教室の価値を10倍にアップさせた三線教室!?

事例3:オンライン英会話スクール Mさん

オンラインで英会話スクールを運営されているMさんは、スクールを開いたものの集客がうまくいかず、成約まで結びつけることができなかったそうです。
ゆるく売れる集客塾に入り、授業料を3倍ほどあげたにもかかわらずたった1ヶ月で生徒さんが10人増え、総額220万円のご成約をいただきました。

お願いされるトーク®を学んだことで、がむしゃらに売り込まなくても自然と生徒さんから望まれるようになったそうです。生徒さんを第一に考えた丁寧なカウンセリングができるようになったことも、大きな成約につながりました。

詳しいインタビュー記事がありますので、よろしければこちらもご覧ください!

【オンライン英会話スクール成功事例】停滞から一変!たった一ヶ月で220万の制約獲得

【まとめ】失敗しない教室集客方法について

最後に、これまでお伝えした内容についてまとめます。

教室の集客で失敗しないためのコツ

教室の集客で失敗しないためのコツを3つあげました。

  • コツ1:片っ端からやらない
  • コツ2:差別化より独自化
  • コツ3:売れる心

これからの教室集客は「自分でガツガツ集客しない」ということがポイントです。自分自身の起業に対するマインドを整えた上で、自分らしさを出した教室づくりをし、相手からお願いされるような集客方法を目指しましょう。

教室の集客でうまくいかない人の4つの特徴

集客がうまくいかない人の特徴を4つあげました。

  1. ガツガツ集客している
  2. 売ることに罪悪感がある
  3. 差別化しないといけないと思っている
  4. 最新の集客ノウハウを知らないといけないと思っている

教室の運営者の正しいブログ活用法

教室運営されている方が、ブログを発信する場合は、こんなことを意識していきましょう。

  • 自分の人柄が伝わるようなものを意識して発信する
  • 自分の個性を出しつつ、見込みとなる生徒さんの視点も意識する

教室運営、レッスンは形のないサービスですので、信頼して任せていただけるか、生徒さんの欲しい成果を与えられるか、という点が大きなポイントです。
ブログでは、自分の人柄や想いが伝わるようなものを意識して発信していくといいでしょう。

 

教室運営の集客は、きちんと自分に合ったものを選べば、頑張りすぎる必要はありません。また、自分の個性を生かして、自分らしい方向に進めていくと、自分が本当に教えてあげたい、自分の考え方に合った生徒さんが来てくれるようになります。

まずはご自身が、「自分と教室の価値」をきちんと理解すること。
これが教室集客をうまく進めていく、はじめの一歩です。

教室を運営しているけど、集客が思うようにいかない!とお悩みの方は、ぜひ「ノンストレス&ファン化自動集客」の無料動画セミナーをチェックしてくださいね!

この記事を書いた人

染谷 充紀

26歳で事業統括本部長になり、売り上げ10億円、9店舗100人以上のスタッフを率い、16年間連続黒字経営。
小売・飲食・時間貸しの店舗運営経験を持つ。
NLPプロフェッショナルコーチ認定などの実践心理学で自主的な行動を促すことで成果を出している。
16年黒字経験・実践心理学で、 値上げできない『お金のブロック』を解除し、 単価アップの仕組み化をする。